Top > ギターの仕組み

ギターの仕組み

ギターはリュート属の弦楽器。ギターは指もしくはピックで弦を弾くことによって音を出します。
ギターの構造を大まかに言うと、
・棹(ネック):指で弦を押さえて音程の調節を行う。
・胴(ボディー):音量の増幅のための箱。
に分かれます。この2つの部分は、さらに細かい部分に細分化されています。また、ギターの種類によっても、構造や外観は若干変わります。
ギターの弦は6弦が主流(ベースギターは4弦が主流)。ギターの種類によってスチール弦とナイロン弦が使われます。
ギターはその構造上、弦の張り具合を調節することはとても大切なことです。弦の張り具合を調節して音程を合わせることを「チューニング(調律)」といいます。
ギターは種類が豊富な上、その技法も多く、一言で「ギター」といっても、その音色は実にさまざま。例えばクラシックギターによるクラシックの名曲と、エレキギターによるハードロックの演奏とでは、同じギターとは思えないほどの違いがあります。こうした多様性も、ギターの魅力の一つと言えるでしょう。

 

 ヒルズダイエット  離婚  ヨガ・ピラティス  パチンコ・スロット  にきび
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ギターとは(2009年5月27日)
ギターの仕組み(2009年5月27日)
ギター教室(2009年5月27日)
ギター教室の選び方(2009年5月27日)